映画『われらが背きし者』をオンラインギャンブルゲームにしたら?

映画「われらが背きし者」について一番よく見かける感想は「地味だけど面白い」というものです。われらが背きし者のジャンルは「スパイ映画」だと思われますが、「一般人が争いに巻き込まれるタイプ」の作品ですから「派手さはないけど素晴らしい」という感想が多くなるようですね。アクションシーンもほとんどありません。 大きな盛り上がりもないけれど、引き込まれてしまって、観終わった後の余韻がなかなか抜けない。そんな映画だと思います。 さて、そんなわれらが背きしものがオンラインカジノゲームになったら、どんなゲーム性になるのでしょうか。 私がプレイしてみたいのは「『われらが背きし者』のクラシック系オンラインスロット」です。 「クラシック系」は、とにかくシンプルで特殊なルールが少ないことが特徴です。 派手な演出もほとんどないですから、「純粋にギャンブルが楽しみたい」という方や「昔ながらのカジノスロットをプレイしたい」という方におすすめです。ネットカジノについてはこちらからご覧ください! ちなみに、この「クラシック系」というジャンルはパチスロにもありまして、比較的年配のギャンブルプレイヤーに人気のようです。 そしてこの「地味&渋い&面白い」クラシック系のギャンブルスロットが、われらが背きし者の重厚な雰囲気にぴったりマッチすると感じるのです。 絵柄は、われらが背きしものに出てくる各キャラクターや作中に登場する小道具などが良いでしょう。そして、プレイ中は映画のBGMを流してほしいものです。 大勝しても大きな光や音はなく、ユアン・マクレガー演じるペリーなどが静かにほほ笑むだけ。など、渋くまとめると映画のムードに合うでしょう。 映画題材のオンラインスロットというと、ジュラシックパークやグラディエーターなど、やはり演出に迫力があって、ゲーム性やボーナスのルールもやや複雑なものが多いです。 そういったタイプのカジノスロットのほうが、人々が「映像美」や「演出美」に慣れている近年は受けがいいのかもしれません。 しかし、どこかのオンラインカジノがわれらが背きし者で「地味&渋い」カジノスロットゲームを登場させれば、「通」のネットギャンブル好きにはきっとその魅力が伝わることでしょう。 ちなみに、近年は「映画題材」のカジノゲームに限らず「演出&映像重視」のオンラインスロットが増えています。それはそれでもちろん魅力的なことかもしれませんが、もう一度「70年代のゲームセンターにあるようなカジノスロットゲーム」のブームが起きることもあるのではないかと感じています。

Continue Reading →