STAFF

脚本 ホセイン・アミニ
1966年、イラン生まれ。11歳の時に家族と共にイギリスに移住し、テレビ映画「The Dying of the Light」(1994)で初脚本を手掛ける。『日陰のふたり』(1996)で注目され、『鳩の翼』(1997)でアカデミー賞®脚色賞にノミネートされている他、『サハラに舞う羽根』(2002)、『ドライヴ』(2011)等で高い評価を得ている。また、『ギリシャに消えた嘘』(2014)で長編監督デビューを果たしている。

スザンナ・ホワイト
1960年、イギリス生まれ。オックスフォード大学とUCLA卒業後にBBCで数多くのドキュメンタリー番組に携わる。テレビシリーズ「ブリーク・ハウス」(2005)で高い評価を受け、テレビシリーズ「ジェイン・エア」(2006)、テレビシリーズ「ジェネレーション・キル 兵士たちのイラク戦争」(2008)等でエミー賞監督賞にノミネートされている他、テレビシリーズ「パレーズ・エンド」(2012)も手掛けている。また、『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』(2010)で長編映画デビューを果たしている。