ストーリー

STORY

モロッコでの休暇中、イギリス人の大学教授ペリーとその妻ゲイルは、偶然知り合ったロシア・マフィアのディマから、組織のマネー・ローンダリング(資金洗浄)の情報が入ったUSBをMI6(イギリス秘密情報部)に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受ける事に。しかし、その日を切っ掛けに、二人は世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく・・・。

前書き

Introduction 前書き

平凡な大学教授とその妻、組織を裏切ったロシア・マフィア、復讐に燃えるMI6 ロシア、モロッコ、イギリス、フランス、スイス――世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく、緊迫のスパイ・エンタテインメント!

元MI6という経歴を持ち、『裏切りのサーカス』等のスパイ小説の巨匠として知られるジョン・ル・カレによる『われらが背きし者』が、待望の完全映画化!
主人公の平凡な大学教授のペリーを演じるのは、『トレインスポッティング』で一躍スターの仲間入りを果たし、『スター・ウォーズ』新三部作に抜擢され、『ゴーストライター』でヨーロッパ映画賞男優賞を受賞するなど、第一線で活躍し続けるユアン・マクレガー。また、組織を裏切ったロシア・マフィアのディマに、『ドラゴン・タトゥーの女』の怪演が記憶に新しい、スウェーデンを代表する名優ステラン・スカルスガルド、復讐に燃えるMI6のヘクターに、「HOMELAND/ホームランド」でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、次期ジェームズ・ボンド候補と噂されるダミアン・ルイス、妻のゲイルに、『007 スペクター』で主要キャラクターを演じたナオミ・ハリスなど、名立たる実力派俳優が勢揃いしている。
そして、監督を務めるのは、「パレーズ・エンド」等のテレビドラマを中心に活躍するスザンナ・ホワイト。さらに、脚本を務めるのは、『ドライヴ』のホセイン・アミニ。
ロシア、モロッコ、イギリス、フランス、スイスーー世界を股に掛けた、パナマ文書にも通じる国家を揺るがす大事件を背景に、友情、裏切、復讐、愛が複雑に絡み合う人間ドラマをスリリングかつエモーショナルに描き出した、緊迫のスパイ・エンタテインメント!

トレーラー

TRAILER

 

スタッフ

STAFF

脚本 ホセイン・アミニ
1966年、イラン生まれ。11歳の時に家族と共にイギリスに移住し、テレビ映画「The Dying of the Light」(1994)で初脚本を手掛ける。『日陰のふたり』(1996)で注目され、『鳩の翼』(1997)でアカデミー賞®脚色賞にノミネートされている他、『サハラに舞う羽根』(2002)、『ドライヴ』(2011)等で高い評価を得ている。また、『ギリシャに消えた嘘』(2014)で長編監督デビューを果たしている。

スザンナ・ホワイト
1960年、イギリス生まれ。オックスフォード大学とUCLA卒業後にBBCで数多くのドキュメンタリー番組に携わる。テレビシリーズ「ブリーク・ハウス」(2005)で高い評価を受け、テレビシリーズ「ジェイン・エア」(2006)、テレビシリーズ「ジェネレーション・キル 兵士たちのイラク戦争」(2008)等でエミー賞監督賞にノミネートされている他、テレビシリーズ「パレーズ・エンド」(2012)も手掛けている。また、『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』(2010)で長編映画デビューを果たしている。